丘に吹く風

時には地を這うように、時にはささやくように

旅するカブ

yonkichi, · カテゴリー: バイク

先日知り合いの方との会話と、友人のサイトで、カブの話題が出た。町中で旅仕様?なカブをみかけたという話だ。カブは言わずと知れた、ホンダの世界に誇るバイク、スーパーカブの事だ。もっぱら、一般にはそば屋のおかもちカブ、郵便配達の赤いカブ、新聞配達のプレスカブなどが有名で、働くバイクとも言われている。
見た目もレッグシールドと言われる白い横に張り出した部分がオヤジ臭いと言われるが、実はとても機能的にできていて、小雨やはね上げる小石や泥から洋服が汚れる事を防ぎ、スーパーで買い物したあとの袋を、ばたつかないようにぶら下げるフックも裏についていたり、寒い日は風よけになる。
クラッチレバーはなく、ロータリーミッションを使い、右足だけでシフトアップ・シフトダウンができる。スクーターのように遠心クラッチより、エンジンブレーキなどを効かせ、速度調節も楽にできる。通常左右にウィンカーやヘッドライトスイッチなどが振り分けられているが、左手をフリーにさせる事ができるように、右にスイッチ類が集中している。キャリアもしっかりしたものがつけられ、必要十分な動力性能が与えられている。
そしてホンダを代表するテクノロジー、低燃費が加わり、それこそ灯油ストーブみたいなシート下のガソリンタンクにひとたびガソリンを満タンにすれば、実走で50km/L以上という低燃費で、ガソリンタンクの小ささをカバーし、長距離を走る事だってできる。
このカブを旅の足としてつかう旅人は少なくない。ユーラシア横断や、渡りとい言われる北海道と八重山を季節にあわせて長い旅をする者など、低予算で長期間旅をする旅人にとってこれ以上最適な車種はないとも言える。そんな旅にどっぷり漬かれるカブは、いつか乗ってみたかった。そして友人のカブ90カスタムを借りて、秋の北海道を走った時にその決心が固まった。
丁度、開陽台ハイジーの家の旧店舗最後の閉店パーティにあわせ、妙な拘りからバイクで行く事を考えていた。フルスケールのバイクは何台かもっていたが、何故か小排気量で行きたかった。そして丁度その時、友人が察してくれてカブの90カスタム、セル付き角形ライトで、スピードメーター内にフューエルメーターを備えた、名前の通りカスタム版を使えよと言ってくれた。
私は人のバイクで旅をするどころか、試乗すらまずめったにしない。バイクとはそういうものというポリシーがあったのだが、今まで数回試乗させて貰った事はあれ、数日借りる事はなかった。それがカブだからという意味で少し気楽な気分で借りる事ができたという所が正直な所だろうか。何はともあれ、私はカブと共に有明埠頭から、近海郵船のブルーゼファーに乗り込んだ。
カブ90は、当時旅人の友人が乗っていたハンターカブ、CT110よりはるかに実用的なバイクだった。いわゆる働くバイクだ。本音を言えばCT110が欲しかったのだが、少々高すぎた事と、事実上新車を手に入れるのは大変だった事から、カブの購入を見合わせていた。しかしこの90で走る都内と道東は、思いの外快適であり、楽しかった。
この影響もあって翌年、CT110が無理ならば、という事から、一番ベーシックな丸形ライトでセルなしの90DXを買ってしまった。そして早速、荷物を沢山乗せる為にある程度防水性能をもたせたケースをキャリアにドリルで穴をあけ、ボルト止めしたり、武川のレーシングショックに換装したり、バックミラーを小型のタイプに変更したり、いじって楽しんだ。旅やカスタムパーツのステッカーもいろいろ貼った。写真で見てわかる通り、ナラシ後マイクロロンも入れたし、工具もスナップオンを使ってはいたが、さすがにEARL’Sのホースやカストロールのオイルはハッタリだった。
その翌年の夏、和琴で友人の結婚式があり、この自分のカブ90DXで北海道に行った。林道や旅先で食べたメロンのシールや、泡波のラベルを貼ったりして、妙なバイクになってしまったが、旅にでる毎に妙なステッカーやシールが増えていってしまい、妙にうるさくなっている。
この写真は帰りのフェリーに乗船前。ライディングスタイルは、しっかりツーリング装備というのがアンバランスだが、私が乗る場合はこんな感じになってしまう。逆にビーチサンダルにドカヘル、短パンにタンクトップで八重山を走るのも嫌いじゃないが…
長く付き合えて、壊れないスーパーバイク。似たようなバイクあれど、ホンダのカブがやはり頂点に君臨している。よくハーレーはバイクじゃない、ハーレーだ、という言葉も聞くが、カブもそうなのだ。
そう、カブはバイクではない、カブなのだ。
20050414.jpg

6 Responses to “旅するカブ”

  1. 酉仁 より:

    カブはバイクではない、カブなのだ--素晴らしい!
    ガメさせていただきます(笑)。

  2. よんきち より:

    ハーレー乗りのパクリです。(^_^; カブはカブですよね。他はそうは言わないですけど。
    BMWは乗った事ないんですが、やっぱりBMWなんでしょうか。いつか乗る時がくるのかわかりませんが…。あ、酉仁さまを友人なんて偉そうに書いちゃってごめんなさい。m(__)m

  3. トラバありがとう
    カブはやはりカブだよね、メイトでもバーディでもない、カブ
    円心クラッチを旨く使うとフロントアップもできるし、アクセルターンした事もあります(^^;
    友人の父は東京~天理往復して翌日オイル交換しようとしたら出てこなかったとか(^^; その後オイル入れて普通に使ってます。
    ウチの向かいの本屋のカブは23年目だしソ○ーみたいに、タイマー仕掛けておかないと買い換え需要が起きない事を知らないのかも>ホンダ

  4. hiwood(yoshihisa takagi) より:

    いつもは、グラストラッカー(旅仕様)に乗っているのですが、先日 スーパーカブ90DXを購入しました。
    目的は同じです。今、旅仕様に仕立ててます。
    わくわくしてます!

  5. よんきち より:

    takagiさん
    グラストラッカーもコンパクトで楽しそうですね。カブはやっぱり飽きがこない乗り物です。丸ライトに石油ストーブのような燃料タンクがお気に入りです。
    カブでよい旅を。(^-^)

  6. hiwood より:

    よんきち さん
    ご連絡、ありがとうございます。
    カブで初日の出を見に、1/1の深夜から香川→高知(室戸岬)まで360km走りました。山越えでしたが そこそこ走るし、燃費が60km/L以上で驚きました。
    また、機会があれば いろいろ教えてください。
    本年も、ご活躍ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください